ETC利用は東北九州など普及遅れ ETC無料なのにもったいない

いや、これは実にもったいないです・・・

神奈川新聞によると、高速道路を利用している車の、
ETC利用車が、東京や愛知の利用率75%に対して、
青森・長崎・沖縄などの、東北や九州で、普及遅れが大きいと
国土交通省のまとめで分かった・・・・   と報じています。

これは、実にもったいない状態ですね。

ETC車載器も、今ならキャンペーンで無料ゲットできるし、
ETCカードも、無料で利用できる、魅力的なETCカードも、
多数そろっているからです。

調べてみないと分かりずらいのですが、ETC無料の度合いを
調査してみると、申込まないのが物凄くもったいないです。

ちなみに、周りの友人や私も、ETCカードは数枚保有しています。

各社、ETCカード、親カード共に無料で利用でき、
なおかつ、とても魅力的な特典を、多数揃えているからです。

例えば、NICOSのビアソカードは、
海外旅行保険も2000万自動付帯です。

わざわざお金を払って、海外旅行傷害保険に入る人の、
意味が分かりません。

このNICOSのビアソカードの特典も、当然無料でゲットできます。
ETCカードは、持っておいて損は無いというのが、今の状態です。

だから、こういうニュースを見るとなんてもったいない!
と思ってしまいます。

国土交通省は、これから平日夕方の3割引きなど、
新料金引き下げ実験を、各地で本格スタートします。

来春までに、全国のETC利用率を80%に引き上げたいからです。

渋滞解消、CO2排出の削減など、大きな流れのあるときこそ、
ETC無料キャンペーンや、ETC無料カードの恩恵を捉えておきたいところです。

普及率が上がれば、ETC車載器設置の助成金も終了ですからね。



この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5167483

この記事へのトラックバック
最近の記事