ETC購入助成を拡大

国交省 40万台規模の追加支援を表明!

ETC車載器の購入助成について、4輪車用を20万台分追加し、計120万台にすると発表されました。まだのい方にはチャンスです!

ほかにも、高速道路各社が20万台規模で独自の助成策も検討しておりますので、今後の情報にも注目です。

ETC設置車両の高速道路1000円で乗り放題


ETC搭載車は、2009年3月28日より1,000円!! 一般車のETC設置車両は、週末や祝日の高速道路通行料が大幅安でうれしい!


ETC割引の条件としては

・ETCが搭載された車である事
・軽自動車か普通車であること

と今のところはなっておりますが、今後の割引拡充の展開も期待できそうで楽しみです。

一応、ETC割引期間は、2010年度までを予定しています。で、この機会にと、駆け込みETC希望者が殺到している模様です。

これからETCという方は、まずは、ETCカードの発効を!

ETC無料でも、コレはダメ

高速道路の強行突破が過去最多のニュースが国土交通省から発表された。
2006年にETC料金所をノンストップで、ETC開閉バーを強行突破し、
不正に通行するやからが過去最多数に96万1000件にまでなっている模様。

ETC無料といっても、コレはさすがにダメです。
ETCを、無理やり無料通行する、不正ドライバー増加に対して、
高速道路会社では、ETC強行突破のナンバーや、不正運転者を、
特定できる高性能カメラ導入を、進めています。

ETC無料といっても、不正突破はいけませんね。

ETC車載器ETCカードともに、無料で(キャンペーン期間限定です)
入手できてしまうのですから、マナーある使い方をしたいものです。


ヤフーETCカードで、今ならETC車載器無料キャンペーン中です。Yahoo! JAPAN ETCカード】 ETC車載器が0円!

ETC利用は東北九州など普及遅れ ETC無料なのにもったいない

いや、これは実にもったいないです・・・

神奈川新聞によると、高速道路を利用している車の、
ETC利用車が、東京や愛知の利用率75%に対して、
青森・長崎・沖縄などの、東北や九州で、普及遅れが大きいと
国土交通省のまとめで分かった・・・・   と報じています。

これは、実にもったいない状態ですね。

ETC車載器も、今ならキャンペーンで無料ゲットできるし、
ETCカードも、無料で利用できる、魅力的なETCカードも、
多数そろっているからです。

調べてみないと分かりずらいのですが、ETC無料の度合いを
調査してみると、申込まないのが物凄くもったいないです。

ちなみに、周りの友人や私も、ETCカードは数枚保有しています。

各社、ETCカード、親カード共に無料で利用でき、
なおかつ、とても魅力的な特典を、多数揃えているからです。

例えば、NICOSのビアソカードは、
海外旅行保険も2000万自動付帯です。

わざわざお金を払って、海外旅行傷害保険に入る人の、
意味が分かりません。

このNICOSのビアソカードの特典も、当然無料でゲットできます。
ETCカードは、持っておいて損は無いというのが、今の状態です。

だから、こういうニュースを見るとなんてもったいない!
と思ってしまいます。

国土交通省は、これから平日夕方の3割引きなど、
新料金引き下げ実験を、各地で本格スタートします。

来春までに、全国のETC利用率を80%に引き上げたいからです。

渋滞解消、CO2排出の削減など、大きな流れのあるときこそ、
ETC無料キャンペーンや、ETC無料カードの恩恵を捉えておきたいところです。

普及率が上がれば、ETC車載器設置の助成金も終了ですからね。



ETC割引は寝てる間にも全国拡大中

ETCの高速割引実が、全国へ拡大中です。

高速道路の渋滞を解消していきたい。国土交通省のおもわくです。

国土交通省は、ノンストップで走れるETCの利点を使い、
渋滞解消を進めたいと考えているんです。

なので、ETC利用している車には、どんどんと、割引の恩恵を
受けれるように、全国の高速道路で、割引の実験を進めていくと、
発表しています。

阪神高速でも、今月から、大阪・神戸地区で、3段階の利用距離別、
料金体系が誕生します。

また、高速と並行する国道への車の流入を抑える目的もあります。
そのために、深夜割引の時間帯を伸ばしたりもしていきます。

渋滞解消だけでなく、一般国道付近の、住環境の悪化を防ぐことが、
目的だからです。

ETC取り付けのタイミング・・・

ETC導入で、安く走る人、変化せずに高いまま走る人。
ETC移行へと進む中、ETC対応への差は、ますます大きな
差になりそうです。



最近の記事